ワークスペース兼Zwift部屋の完成まで

ワークスペース兼Zwift部屋の完成まで

これまでの投稿で、ロードバイクTrek Emonda SL6のインドアトレーニング計画として、ZwiftやTacx Neoを導入してきました。

ダイレクトドライブ・サイクルトレーナーTacx NEO T2800の購入まで

Tacx NEO T2800 スマートサイクルトレーナー到着

Tacx NeoでリアルZwift体験

並行してZwift専用部屋を作るために、PC関連機材も少しづつ準備を進めてきました。

4K 27型液晶モニター 27UD88-Wをモニターアーム設置

Zwift専用スペースができた

自分のワークスペースにZwiftエリアを統合しました。4K27インチディスプレイをZwiftのメインディスプレイとして使う計画です。PCはDELL XPS 15、最近アップグレードされてきているZwiftのグラフィックもGTX1050で十分です。

ちなみに机と照明は無印良品。オフィスチェアはHerman MillerのAluminum Groupです。

Tacx NeoとTrek Emonda SL6はこんな感じで壁際に設置。Tacx純正品のトレーニングマットスウェットカバーを取り付けています。

遠方からiPhoneでZwiftコマンドで操作するために以前の投稿で紹介したQuadlockをハンドルバーに取り付けています。これでライディング中にコース選択やマップ切り替え等の操作を行うことができます。

モニターアームでZwift時にはモニターをバイクに近い位置へ

モニターアームはBESTEK PC モニター アーム、シンプルで安価なアームですが品質は良いです。作業時は最小限に折りたたみ、ライドを行う際はこのような形でモニターをすぐに前側に移動できます。

Zwiftの出力先として以前に使用していたHDプロジェクターも検討したのですが、ワークスペースとの切り替えが面倒そうなのでしまったままにしています。

こんな感じ。今まではiPadのディスプレイを使っていたので大画面の迫力で楽しめそう。あとはDysonのDyson hot and coolを前方へ設置して快適なライドができます。

 

これまでの購入アイテムはこちら

Tacx(タックス) Neo Amazonでもお得な値段で手に入ります。
純正スウェットカバー。作りもしっかりしていてオススメ
純正マット。サイズぴったりです
ロードバイクと同じスプロケットを準備する必要があります
Wiggle経由で購入した場合、変換プラグが必要になります
これを機に心拍ベルトも導入しました
Zwift部屋セッティング機材

他のZwift、Taco Neoの投稿はこちら

ダイレクトドライブ・サイクルトレーナーTacx NEO T2800の購入まで

ZWIFTERSのためのホリデーギフトガイド

Tacx Neoとカーボンフレームの相性

Tacx NeoでリアルZwift体験

 

 

ROADBIKE | ロードバイクカテゴリの最新記事