Bicボールペン用のプレミアムキャップをデザインする

Bicボールペン用のプレミアムキャップをデザインする

万能ボールペンBic

BicのRound Sticをスケッチやメモ書きに愛用しています。シリーズの中ではRound Stic fineが一番好きで、スケッチにたまに使うのがMedium。他にも一目でBicとわかるオレンジ、クリスタルも家には何本もあったり。その普遍的な形から、ホテルの各部屋には必ず置かれていたり、日常生活でもよく目にする形です。

描き味はLamyやMontblancに引けを取らないと思う

好きなのがその描き味。Round Stic fineはその細いペン先で細かな文字やディティールスケッチに最適、インク溜まりも無く綺麗な線を引けます。Mediumは力の入れ方により、線の濃さをコントロール可能、ちょっとかすれたような線でスケッチをする際に豊かな表情をつける事ができます。 LamyやMontblancのような高級な類に分類されるボールペンの描き味は確かに良い、また三菱鉛筆のJetstreamのようなインクが改良された新世代のボールペンは紙にひっかかりの無い滑らかさのレベルが違います。ただ、Bicの使い心地も個人的には負けていないと感じます。なによりラフに扱えるのでバッグに何本か常に入れておいたり、家でも常に玄関や机周りに置いてある身近な存在になっています。

ただすごく地味。使ってて悲しくなるくらい。

Bicの問題点は見た目が悲しいくらい地味な事。

Lamyの製品群。物欲をそそられるシリーズごとにキャラが立ったデザイン。

Montblanc M 艶やかなデザイン

Bic。。。

ぼろ負け。オール樹脂製、紙一枚にもはさみづらい絶妙なクリップ形状。 LamyやmontblancはBicの100倍もする値段のものもあるので、当たり前なのですが。無くしてもなんとも思わない存在。でもそんなBicをもう少し愛着を持って、大事にしたくなるようなアクセサリをデザインすることにしました。 とはいえ、その普遍的なデザインはアイコン性を持っていてむやみに変えてもBicの良さが薄れてしまう。今回は全く同じ形状を3Dプリントで再現製作し、素材を金属へ変更することでプレミアム感を演出することに。 クリップとしての実用性はほぼ無いけど、そんな所も含めてBicなんだ!と開き直ってそのまま作っていきます。

純正キャップの採寸、3Dデータ化

Rhinocerosでモデリング

純正キャップの採寸、金型テーパーは3Dプリントでは必要ないですが、そこもなるべく忠実に再現するべくRhinocerosでモデリングしていきます。Shapewaysでシルバーや18K等の金属系素材を用いる時の最小肉厚である0.8mmにパーツを調整。肉が多いとそれだけ価格が上がってしまうので、クリップ裏などは肉抜きしていきます。

Shapewaysへアップロード

完成したデータをShapewaysへアップロード。シルバー素材でテストプリントします。エラーもなくアップロードできました。

3Dプリント品到着

Shapewaysに発注していたキャップが届きました。

シルバーキャップ。いい感じの鏡面フィニッシュ。

ロストワックス製法のため、ディティールは角ばらず、滑らかになっています。

何度かデータ修正を重ねたため、Bicにしっかりとフィットします。適度な重みも加わり、Bicボールペンがよりプレミアムな存在に。

残念な存在だったBicをもっと可愛がれるように

描き味は好きだけどどうにも大事にしてこなかったBic。このキャップのおかげでお気に入りアイテムの一つに加わりました。使うときもより愛着を持って使えています。Bicボールペンには無かった重みや金属のプレミアム感を普段も感じられることも楽しいです。シルバーの場合は鍍金ではなく、インゴッッドなので手入れをしていくことで表情が変化していくことも楽しみの一つです。

Shapewaysで購入できます

Shapewaysで販売しています。素材は6種類。シルバー、ブロンズ、真鍮、18K鍍金、14K。一番お求めやすいのがブロンズのミラーフィニッシュで$61.5。14Kはほぼ冗談ですが、$799です。

ビック・オレンジ 六角形Bic用のキャップ

同時にオレンジ色のBicのキャップデザインもしています。世界中で使われているビック・オレンジ、ビック・クリスタルのキャップとして使う事ができます。

コンスタントに月5-6本売れるアイテムへ

3Dプリントで世界最大のマーケットプレイスを持つShapewaysはさすがだと思ったのが、このアイテムもコンスタントに月に5-6本は注文、販売されていることです。さすがにまだ$799の14Kの注文はないですが、世界中のBic愛好家の方の目に触れ、Bicをより楽しんで末長く使うアイテムの一つとして今後も使って頂けると嬉しいです。

ShapewaysでBicプレミアムメタルキャップを見る

3D PRINT | 3Dプリントカテゴリの最新記事