iPhone XのケースをFusion360でデザイン 続き②

iPhone XのケースをFusion360でデザイン

iPhone XのケースをFusion360でデザイン 続き①

Shapewaysから3Dプリント品が納品されました。


iPhone X用のケースデザイン。続き①でテーブルに置く際やApple Pay使用時にカメラと本体部を保護するパッド形状のミニマルバンパーをデザインしました。SHapewaysに発注していた3Dプリントモデルが納品されました。

左から、通常のナイロン、Premiumナイロンの黒白です。

早速つけてみました

iPhone X裸だとレンズがこれまでの機種よりもさらに突出していてテーブルに置くのに戸惑ってしまうデザイン。テーブルに置いた際に微妙に斜めになってしまう問題も継続中です。

デザインしたパッドをつけてみました。寸法をしっかり拾って作ったのでぴったり。

レンズと本体を保護しながら、机に置く際のスタンドになる

レンズ部よりも微妙に突出しているので、テーブルに置いた際や、たとえApply payで決済端末にぶつけてしまったとしても本体とレンズ部を保護してくれます。

テーブルに置いた際には0.8度手前側に傾き、斜めにならずに安定して置けるのもポイントです。テーブルに置きながらの操作でもガタつくことはありません。

ケースつけない派のためのミニマルなパッド形状

横から見るとこんな感じでレンズ部を保護。あくまで最小限の形状で機能させています。

Shapewaysで販売開始しました

Shapewaysから購入することができます。プレミアムNylon、通常のNylonともホワイト、ブラックの2色展開になっています。

Premium nylon plastic素材で質感が向上

中央と、右側が新素材(というか新後処理)Premium Strong & Flexible nylon plasticでプリントしたものです。特に白色は写真では伝えられませんが、後処理によって積層面が消えています。粗めのシボ調の仕上がりで3Dプリントには見えません。

SONYのカメラレンズとの比較。Premium nylonの方が若干荒いです。繊細なシボ目ではないのですが、ラガタイズな製品にはバッチリ合う質感になっています。

Shapeways MINIMALPAD

1件のコメント

コメントは停止中です。