エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大化するを読んでの要約

エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大化するを読んでの要約

エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
考え方 みんな・すべて

  • やらなくては
  • どれも大事だ
  • 全部こなす方法は?
より少なく、しかしより良く

  • これをやろう
  • 大事なことは少ない
  • 何を捨てるべきか?
行動 やることをでたらめに増やす

  • 差し迫ったものからやる
    反射的にやりますと言う
    期限が迫ると根性で頑張る
やることを計画的に減らす

  • 本当に重要なことを見定める
    大事なこと以外は断る
    あらかじめ障害を取り除いておく
結果 無力感

  • 何もかも中途半端
  • 振り回されている
  • 何かがおかしい
  • 疲れ切っている
充実感

  • 質の高い仕事ができる
  • コントロールしている
  • 正しいことをやっている
  • 毎日を楽しんでいる

優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすい

目標をしっかり見定め、成功へと一直線に進んで行く。

頼れる人という評判。あの人に任せておけば大丈夫、どんどん仕事を振られる

時間とエネルギーが拡散されて行く。全てが中途半端に

成功したせいで、自分を成功に導いてくれた方向性を見失う

選択 選ぶ力を取り戻す

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
選択
  • やらなくては
  • 選ぶ余地がない
  • これをやろう
  • 自分で選び取る
ノイズ
  • 大多数の物事が重要だと考える
  • どの選択肢も平等に扱う
  • 大多数の物事が不要だと考える
  • 決定的に重要なことだけをとる
トレードオフ
  • 両方できるさ
  • どうすれば全部できる?
  • 何をとり、何を捨てるか?
  • 何に全力を注ぐ?

 

見極める技術

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
孤独
  • 忙しくて何も考える余裕がない
  • 考えるための余裕を作り出す

集中するためには集中せざるおえない状況に自分を置くしかない。

考える時間を取り戻す。1日2時間の空白の時間(LinkedinジェフワイナーCEO)

本を読む時間を作る。1週間の考える週を定期的にとっていた(ビルゲイツ)。忙しい日常から離れ、自分だけでいられる時間を確保する。

洞察 情報の本質を掴み取る

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
洞察
  • 声の大きい意見に反応する
  • 話の全てを聞こうとする
  • 情報の渦に飲み込まれる
  • ノイズの中のシグナルを探す
  • 語られないことに耳を傾ける
  • 情報の本質を掴み取る

ジャーナリストの目を手に入れる

  • 日記をつける
  • 現場を見る 安い保育器のデザイン。ネパールの現場では8割が自宅で生まれるという事実。村落は電気が到底ないことが多く、本当の課題は安さではなく、電気がなくても使えるということだった。
  • 普通を知り、逸脱を探す
  • 問題を明確にする

遊び うちなる子供の声を聴く

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
遊び
  • 遊びを軽視する
  • 遊びは時間の無駄だと思う
  • 遊びを重視する
  • 遊びが不可欠だと知っている

遊びは選択肢を広げてくれる。ストレスを軽減してくれる。脳の高度な機能を活性化する。遊びは本質を探求するのに役立つだけでなく、それ自体がどこまでも本質的である。

睡眠 1時間の眠りが数時間文の成果を生む

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
遊び
  • 1時間睡眠を削れば1時間仕事ができる
  • 眠るのは根性なしだ
  • 眠ると怠け者になる
  • 優秀な人はよく眠る
  • 眠ると創造的になる
  • 睡眠は仕事の効率を高めてくれる

選抜 もっと厳しい基準で決める

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
遊び
  • 何にでもイエス
  • みんながやっているからやる
  • 上位10%にだけイエス
  • まさに自分の求めていることだからやる

絶対にイエスだと言い切れないなら、それはすなわちノーである。

最低限の基準「これだけは満たしてほしい」
理想の基準「こうだったら最高だ」という基準

どちらも満たしているものが考慮に値するチャンス。

捨てる技術

社内政治、何でも屋はやめて本質目標を見据えて生きる

仕事や会社だけのものでない。人生、生き方まで

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
捨てる
  • 価値観やビジョン、ミッションやステートメント
  • 具体的だが、人の心を動かさない四半期目標
  • 価値観はあるが、それを実行するための行動規範がない
  • 具体的かつ魅力的な戦略
  • 意味があり、心に残る本質目標
  • 一つの決断によって、その後のあらゆる決断を不要にする

拒否 断固として上手に断る

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
捨てる
  • 周囲の期待とプレッシャーに負けてイエスという
  • なんでも引き受ける
  • きっぱりと上手にノートいう
  • 本当に重要なことしか引き受けない
  • 判断をその人の関係性から切り離す
  • 直接的でない表現を使う
  • トレードオフに目を向ける これを受けたら何を失うか
  • 誰もが何かを売り込んでいる
  • 好印象よりも、敬意を手に入れる
  • 曖昧なイエスはただの迷惑

キャンセル 過去の損失を切り捨てる

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
キャンセル
  • 失敗を認めたくない
  • やり続ければいつか報われる
  • 進んで損切りをする
  • 今これをやめたら何ができるか
編集
  • よくすることは何かを付け加えること
  • あらゆる細部に愛着がありすぎる
  • よくすることは何かを削ること
  • 不要な細部は冷徹に切り捨てる
線引き
  • 境界線は自分の力を制限する
  • 境界線を引くことで本当の力を発揮できる
  • ノー問い合わなくてもいいようにあらかじめルールを設定する

仕組み化

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
バッファ
  • 最善を想定
  • 土壇場に頑張る
  • 最悪の事態
  • 準備と計画
削減
  • 応急処置を積み重ねる
  • 仕事が増える
  • 本当の障害を取り除く
  • 成果が増える
前進
  • 多くを望み、得るものは少ない
  • 派手な勝利
  • 小さく始めて大きな成果
  • 地味でも着実に勝ちに行く

非エッセンシャル思考 エッセンシャル思考
習慣
  • 火事場の馬鹿力
  • 重要なことをやるのは例外的
  • 正しい習慣を通じて自然に達成
  • 重要なことをやるのが普通
集中
  • 過去と未来に引き裂かれている
  • 機能や明日の問題について考える
  • 未来への不安や過去の失敗を思い悩む
  • 現在に集中している
  • 目の前の問題を考える
  • 今を楽しむ

本質を生きる

迷わない

流されない

日々が楽しくなる

エッセンシャル思考を生きるのは後悔なく生きること

本当に大切なことを見極め、そこに時間とエネルギーを使えば後悔しなくなる

豊かで意味のある人生か、苦痛と後悔に満ちた人生か

 

 

モバイルボヘミアンを読んで要約

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるにはを読みました。

モバイルボヘミアンとは

自分らしくいられる時間をできる限り長くもつための方法
仕事、表現、生活のクオリティを極限まで引きあげるための考え方

自分をモバイルさせる力があなたをどこまでも自由にする

  • 世の中は確実に便利になっていくのに働く時間が増えるのは本末転倒
  • 生きている時間の全てを自分の時間として取り戻すことは可能
  • 多くの仕事は会社のそばでなく、どこにいてもできることへ
  • 今この瞬間ではなく、来るべき時代に自分はどうなっていたいのか

これからの時代はなぜモバイルボヘミアンなのか

  • 会社が社員を雇わなくてもよくなる時代、あなたには自分にしかできない仕事がありますか
  • 副業から複業へ
  • 自由裁量、成果報酬か、監視付き、時間給か
  • 「何を中心に生きたいのか」それが実現できる場所で暮らし、自分の時間と自分自身を取り戻す
  • 旅するように生きることで、「変化への対応力」「自由を変える技術」「高いクリエイティビティ」「取捨選択能力」を手にする。
  • 仕事とプライベートの垣根をなくすことで、夏休みも勤務時間も捨てる
  • 何者になるための2つの武器。「ベーシックスキル」「専門スキル」
  • 無名の個人が世の中に出る方法は「専門メディアへの売り込み」「SNSによる発信」
  • 個人ブランドとはクレイジーになれるものに情熱と時間とお金を投資した結果
  • 1つの組織に依存せず、より自由になるために「複数の小口収入」「スキル交換スタイル」
  • 「お金、場所、仕事」「他人、社会」への依存を減らし、人生という時間を自分でコントロールする

モバイルボヘミアン向いている人、向いていない人

  • クリエイティブ、実験、プロの個人、セルフマネジメント

モバイルボヘミアンとして生きるために整えておくべきこと

  • ギアを準備する
  • できる限り軽くてコンパクトであること
  • テクノロジーを味方につける
  • メンタルと肉体をメンテナンスする

 自分なりに出来ること

ここからは自分なりにできることの考察。
本の内容はLIFE SHIFTやWORK SHIFTと共通する部分も多くあります。成功している人と未来予測は同じ方向性、意外とシンプルなパスなのかもしれません。

モバイルするにはまず、身軽になれるギアが重要

まずは日常レベルでの物理的な軽さ

仕事に不可欠なデジタル製品。MacBook Pro15でほとんどの作業をこなすことが出来るようになりました。

一時期Macbookで全てを賄おうとしたのですが、Fusion360、AfterEffectsはスペック的に特に辛かったです。

生活レベル

何を中心に生きるか

加えて、1つの仕事への依存度を下げていく

こちらで行うのは複業、それをサポートするセルフマネジメント。複業は既存の収入に対し、2本目3本目の柱を立てていくこと。結果1つの仕事に対する依存度が減り、やりたいことが出来るようになる。

以下のように「複」を増やしています。まだまだ総収入に対する本業の割合が多いですが。多角化はある程度準備できたので、相乗効果を狙えるようしっかりとセルフマネジメントをするのが次の目標です。

・本業 75%
・個人としての委託業務 18%
・資産運用(ソーシャルレンディング、ロボ投資、仮想通貨)5.5%
・ロイヤリティ収入 1%
・ブログ(アフィリエイト) 0.5%

本業への依存度を45%までは下げられるといいのですが。そこまで複業化が進めば極端に言えば海外へ移住して複業だけに専念しても成り立つ。本業以外の収入は個人に紐付いているので、生活する場所が自由になる。

始めれば変わる

驚いたのが、自分の興味のあることを書き留めることを目的に始めた本ブログが、収益も支え始めてくれています。現在のアフィリエイト収入は総収入の0.5%以下にすぎず、お小遣い程度ですが自分にとっては大きな進歩です。後日まとめたいと思います。

資産運用も安定的に運用してきた株式に加え、ロボ投資、ソーシャルレンディング、仮想通貨も始めました。ロボ投資、ソーシャルレンディングは少しづつ着実に。仮想通貨は若干損していますが、、

お金への依存度を下げる

社会人なりたての頃、会社から給料が入ると欲しいものを買っていました。時にはカード限度額いっぱいまで。依存度MAXですね。今は給料は基本的に積立、手をつけません。日々の出費は複収入からまかなう。

資産を運用したり、一から事業を考えることで、お金に対する意識が変わります。しっかりと積み立て、運用を行い、プライベートで物を買わなくなりました。デジタルも必要最低限、使わない機材は即手放す。

本も、どうしても読みたいものは購入した瞬間Amazonのマーケットプレイスに出品して買い手がつくまでに読み切る。(この本もそう。買い手が付くと読まないといけない期限が設定されるのでオススメです)。

 

 

LIFE SHIFTを読んでの要約

LIFESHIFTを読んでの要約。

人生設計と時間の使い方を根本から見直す必要がある。変化を予期して行動する。
金額に換算できない無形の資産の重要性が増す。生産性(スキル、仲間、評判)、活力(健康、家庭生活、友人)、変身資産(アイデンティティ、ネットワーク、オープン性)。
「私は何者か」「どのように生きるべきか」問いに答えるために計画と実験、打ち込み。

1 長い生涯 長寿という贈り物

長寿化時代の人生には、様々な社会的変化が影響を及ぼす。ただ、本書ではその変化の中で自分がどうするか、どう計画するかをテーマに書かれている。アイデンティティ、選択、リスク。

2 過去の資金計画 教育・仕事・引退モデルの崩壊

1942年生まれのジャックは毎年所得の4.3%を貯蓄にまわせばよかったが、1971年生まれのジミーは17.2%を貯蓄しなくれはならない。1998年生まれのジェーンは100年以上生きる可能性が高く、3ステージ型人生は難しい。65歳で引退するためには毎年所得の25%を貯金しなくてはならない。長く生きる時代には、ほとんどの人はこれまでよりかなり長い年数を働かなくてはならなくなる。ジェーンの勤労期間は、ジャックより20年も長い。人生が長くなれば、働く年数を増やさない限り、十分な老後資金を確保することが極めて難しい。公的年金制度が持続困難になり、年金支給額が削減される国ではひときわ状況が厳しい。

3 雇用の未来 機械化・AI後の働き方

新しい産業とエコシステム

1910年、アメリカの働き手の3人に1人は、農家もしくは農業労働者だったが、今日、これらの職に就く人は全体の1%。2000年は雇用の半分をオフィス労働者が占めるようになった。このような産業の興亡は、歴史を通じて常に起きてきた。考慮すべき要素の一つは、人口構成の変化。高齢化により、長寿化や生物工学に関する医学研究が成長産業になったり、環境持続性に関して、温室効果ガスの回収や代替テクノロジーの開発産業が新たに台頭するかもしれない。

新しいエコシステムの登場

産業の興亡が活発になり、新しい企業が既存の大企業の座を奪うケースが増えていく。1998年生まれのジェーンの世代は、働いている産業や企業が激変に見舞われ、必然的に何度も職場を変える可能性が高い。大企業は消えはしないにせよ、構造は変わる。大企業の周囲に多くの中小企業や新興企業が集まる形態が増える。ビジネスのエコシステムが形成される。専門化していく仕事の中で、スキルを買いたい企業と働き手をつなぐ仲介の仕組みが重要になる。

「ギグエコノミー」フルタイムではなく、次々と多くの顧客の依頼を受けて働くことで生計を立てる。

「シェアリングエコノミー」AirBnbのように個人がお金を稼ぐ方法の柔軟性を高める。情熱を抱ける職につき、専門特化した小規模なチームで柔軟な働き方をする人は、仕事と私生活の境界線が曖昧になる。工業改善の社会では主に過程が生産活動の場だったが、将来は同じくワークとライフが再統合される。

スマートシティの台頭

インターネットが登場した当時、物理的な距離が重要性を失い自分の好きな場所で暮らせるようになると言われていた。実際には「遠さ」の弊害は問題ではなくなったが「近さ」の価値はむしろ高まっている。質の高いアイデアと高度なスキルの持ち主のそばに身を置くことの重要性が高まっている。柔軟な働き方が実践される最前線。人々は仕事する場所と時間を柔軟に選べるようになる。同じ関心を持つ人同士が出会いやすくなり、コミュニケーションもより手軽に、安価になる。多くの人が協力して問題を解決する余地も大きくなる。

仕事の未来:人間にしかできないこと

アップルのiPhone。製造コストが販売価格に占める割合は5-7%。アップルは販売価格の30-60%を得ている。工場の従業員が生み出す経済的価値は一人当たり2000ドル相当、アップルの従業員は一人64万ドル。経済的価値を生み出すのは製造ではなく、イノベーション。

4 見えない資産 お金に換算できないもの

無形の資産:優しい家族、素晴らしい友人、高度なスキルと知識、肉体的・精神的な健康に恵まれた人生無形の資産は、それ自体として価値があることに加えて、有形の金銭的資産の形成を助ける。よりよい人生を生きたければ、有形と無形の両方の資産を充実させ、両者のバランスをとり、相乗効果を生み出す必要がある。

4.1 生産性資産

スキルと知識

思考の柔軟性、敏捷性などのどの分野でも役に立つ汎用スキルと、
専門スキルを学び続ける。専門性は新しいテクノロジーや社会環境の変化で時代遅れになる可能性が高い。経験学習の重要性。机上の知識ではなく、実際の問題解決能力があるか。

仲間

ポッセ。同じ志を持つ仲間の重要性。

評判

評判の良さはスキルを変えながら長く働く時代において重要。SNS時代、職業上だけでなく、幅広い領域で自分のブランドと評判を管理しなくてはならない。

4.2 活力資産

健康

脳を鍛えるには日々の行動、コミュニティとの関わり方、人間関係の強さ、肉体的健康、食事が関係してくる

バランスの取れた生活

職場と家族の間の干渉の伝播はプラスもマイナスにもなりうる

自己再生の友人関係

職業上の土台ではなく、前向きな親しい友人とのネットワーク

4.3 変身資産

自分についての知識

ライフストーリー。人生の物語が一貫性を持つには継続性と因果関係の要素が必要。

多様性に富んだネットワーク

大規模で多様性に富んだ人的ネットワークは長期に渡り価値を生む。何を知っているかではなく、誰を知っているか。親しい友人グループは知っていることがだいたい同じ。緊密な関係にない知人は新しい情報を持っている。

新しい経験に対して開かれた姿勢

決まった行動パターンから、自分に対する理解を深めたり、外的な要因の影響で新しい生き方を意識的に模索する出発点になりうる。ルーチン・バスティング。

5 新しいシナリオ

6 新しいステージ

エクスプローラー

本やウェブだけでなく、人と顔を合わせ、理屈抜きの感情レベルの経験をすること。興奮、好奇心、冒険、探査、不安。一箇所に腰を落ち着けるのではなく、身軽に、俊敏に動き続ける。身軽でいるために金銭面の制約は最小限に抑える。

インディペンデント・プロデューサー

組織に雇われずに独立した立場で生産的な活動に携わる。

プロトタイピングで実験。何が有効で、何がうまくいかないか

物事を生み出す。それを通じて障害を克服できる行動思考の人物という評判を確立すること。

ポートフォリオワーカー

選択肢を維持するヤングアダルトたち
Young Aduslts Holding OptiOnS YAHOOS

様々な活動の組み合わせ。所得の獲得を主たる目的とする活動、地域コミュニティとの過河内、親戚の力、趣味を守る活動など。

「支出をまかない、貯蓄を増やす」「過去の経歴とつながりがあり、評判とスキルと知的刺激を維持できるパートタイム」「新しいことを学び、やりがいを感じられる役割」

様々な活動の間に相乗効果を生み出す。

7 新しいお金の考え方

8 新しい時間の使い方

レクリエーション(娯楽)からリクリエーション(再創造)へ
個人の発達の完成。過去100年は、商業化された娯楽の消費活動を中心とするレジャー産業が台頭したが、今後は個人レベルでの自己改善への投資活動に力を入れるレジャー産業が発達する。

9 未来の人間関係

経済的な面では、生産の補完性に変わり、消費の補完性が重要に
二人で一緒のほうが安い。リスクも分散可能。生産的資産も築くにあたり、生産の補完性が再び意味を持ち、役割分担が重要になる。

質の高いパートナー。長い人生での情緒面での支え、難しい決断にも意見と批判。長期に渡って相手と深く関わろうとする石、資源の分配の仕方を交渉して決めるためのスキルと能力が重要。

 

WORKSHIFT を読んでの要約

WORKSHIFT を読んでの要約。

ディストピア/ユートピア両面の未来のストーリーから自分の仕事人生にとって何をシフトすることが必要か、様々な未来動向予想とそのことで発生する新たな選択肢を知り、考え直すことが出来る。

ゼネラリストからスペシャリストへの転換の必要性はDesign ThinkngからDesign Doingにも通ずる。デザインという職制の中でゼネラリストになることが強みとなっていた時代は終わり、高いクリエイション能力が価値となっていく。もちろんこれまでのプロダクト、UIという括りでの専門性の重要性は薄くなり、新しいデザイン分野の専門性の重要度が増していく。

0.1 働き方の未来を予測する

一九世紀の中盤~後半の第二次産業 革命後の変化

産業革命によって職種が専門分化し、ピラミッド型の組織が形づくられるようになった。仕事が単純化、行為平準化してきた。

 今後数十年の間に起こりつつある正反対の変化

旧:ピラミッド型の組織と交換可能なゼネラリスト的技能新: 水平型のコラボレーション、磨き上げられたスペシャリスト的技能

0.2 好ましい進路を選び取るためには

・ゼネラリスト的な技能を尊ぶ常識を問い直し、専門技能の連続的習得で自分 の価値を高めていく

世界の50億人がインターネットにアクセスし、つながり合う世界が出現すれば、ゼネラリストの時代が幕を下ろす。未来に必要となる技能と能力を知り、柔軟に専門分野を変えて専門性を磨くことが求められる。

・セルフマーケティングで自分を売り込み、技量の確立

個人の差別化がますます 難しくなるなか、セルフマーケティングがより重要になる。

・個人主義、競争原理からコラボレーション、ネットワークへ

個が専門性を磨く時代、大事なのは人と人の繋がり、コラボレーションでより大きな課題にチャレンジすること。コミュニティがあることで新たなアイデアの源になるし、孤独な個ではなく精神的なバランスも保てる。

・職業人生の既成概念を捨てる

大量のモノを消費し続ける生活から質の高い経験と人生のバランスを重んじる生活へ。

1 未来を形作る5つの要因

1.1 テクノロジーの進化

テクノロジーの変化は常につながり続ける世界、いつも時間に追われる負の側面を生み出す。反面、協創とソーシャル参加が拡大し、主体的に気づく未来を引き寄せる要因にもなる。・テクノロジーが飛躍的に発展・世界の50億人がイオンターネットで結ばれる・地球上のいたるところでクラウドを利用できるようになる・生産性が向上し続ける・ソーシャルな参加が活発になる・知識のデジタル化が進む・メガ企業とミニ起業家が台頭する・バーチャル空間で働き、アバターが当たり前になる・人工知能アシスタントが普及する・テクノロジーが人間の労働者に取って代わる

1.2 グローバル化の進展

グローバル化の進展により、牧歌的な仕事は過去のものとなり、優秀な人材は世界で活躍。競争が激化し、人々がますます慌ただしく時間に追われるようになる。・24時間・週7日休まないグローバルな世界の出現・新興国の台頭・中国とインドの経済が目覚しく成長した・倹約型イノベーションの道が開けた途上国は先進国の製品の製造場所から、イノベーションの場所へ。・新たな人材輩出大国が出現しつつあるインドと中国の人口は26億人・世界中で都市化が進行する・バブルの形成と崩壊が繰り返される・世界の様々な地域に貧困層が出現する

1.3 人口構成の変化と長寿化

80歳代になっても生産的な活動に関わり続ける人が増える→90歳、100歳代まで生きるのが当たり前になり、生活の糧を得るために働き口を探さなければならなくなる協力関係を重んじる環境で育ったY世代の影響力が強まれば、仕事の世界でコラボレーションが活発になる。移住が盛んになれば特定の地域に有能な人材が集まり、イノベーションが加速する。→移住が盛んになれば、家族やコミュニティが引き裂かれる

1.4 社会の変化

根本の部分では人間は変わらない。マズロー。生理的欲求(食事・睡眠)→自分と愛する人の安全の欲求→愛されたい、コミュニティの一員となりたい→仕事の課題の達成感、評価一人一人の行動と選択で結果が変わる余地が大きくなる。・家族のあり方が変わる世界中で家族の規模が小さくなる。養子縁組や離婚・再婚で伝統的な家族のあり方が当たり前でなくなる。・自分を見つめ直す人が増える・女性の力が強くなる・バランス重視の生き方を選ぶ男性が増える・大企業や政府に対する不信感が強まる・幸福感が弱まる・余暇時間が増える。思考の余剰

1.5 エネルギー・環境問題の深刻化

・エネルギー価格が上昇する・環境上の賛辞が原因で住居を追われる人が現れる・持続可能性を重んじる文化が形成され始める

自分の未来予想図

以上の32の要素から自分自身の未来ストーリーを描き出す。それが自分の前にある選択肢について理解を深める出発点になる。未来に押しつぶされないキャリアを築くために、どのようなシフトを行う必要があるかが明らかになる。・不要な要素を捨てる・重要な要素に肉付けする・足りない要素を探す・集めた要素を分類し直す・一つの図柄を見出す

未来ストーリーの登場人物に必要とされるシフト

・広く浅い知識しか持たないゼネラリストから、高度な専門性を備えたスペシャリストへのシフト・孤独に競い合う行き方から、他の人と関わり協力し合う生き方へのシフト・大量消費を志向するライフスタイルから、意義と経験を重んじるバランスのとれたライフスタイルへのシフト

2 いつも時間に追われ続ける未来

ジルの2025年ロンドン、全ての活動が細切れとなり、世界中の同僚や取引先とやりとりをしながら仕事、世界中のライバルと競い合わなければならない。

2.1 時間に追われることの弊害

・専門技能を磨きにくくなる・観察と学習の機会が失われる・気まぐれと遊びの要素が排除される未来の世界で創造性を発揮する上で最良の方法は、仕事と遊びの境界線を曖昧にすること。仕事が情熱を燃やせる趣味であるとき、私たちは最も充実した仕事ができる。

2.2 時間に追われる未来を生む要因

・情報通信技術の飛躍的発展・クラウドの進化・バーチャル空間とアバター・人工知能アシスタントの普及・1日24時間・週7日間休みない世界

2.3 時間に追われない未来を作るには

①専門技能の習得に土台を置くキャリアを意識的に築
高度な専門技能は10000時間を費やして初めて身につくという説も

②あらゆることを自分でやろうとせず、人的ネットワークを築く。
それは精神的な自己再生コミュニティにもなりうる

③消費を追求する人生から、情熱的に何かを生み出す人生への転換
どういう職業生活を選ぶのか、思い切った選択、自由な意思に基づいて行動する覚悟があるか

3 孤独にさいなまれる未来

生身の人間と接する機会のない未来

3.1 同僚との気軽な関係の消滅

仕事に関して多くの人が重んじる要素は同僚との関係。2025年の世界では顧客も仕事仲間も世界中に散らばっている。一緒にプロジェクトに取り組む同僚がオフィスで隣に座っているとは限らない。

3.2 どうすれば孤独の罠に陥らずにすむのか

未来の世界には、孤独にあくせく競い合うのではなく、他の人と繋がりながらもっとイノベーション精神を発揮できるようになる可能性がある以下は大切な人的ネットワーク・ポッセ 同じ志を持つ仲間を持つ少人数の仲間・ビッッグアイデア・クラウド 多様性に富んだ大人数のネットワーク・自己再生のコミュニティ 頻繁に会い一緒に笑い食事を共にする仲間

4 繁栄から締め出される未来

未来の世界では、どこで生まれたかではなく、才能とやる気と人脈が経済的運命の決定要因になる。たとえアメリカや西ヨーロッパに生まれても、聡明な頭脳と強い意欲の欠けている人は下層階級の一員になってしまう。

5 コ・クリエーションの未来

ダイバーシティはモノカルチャーを凌駕する

問題解決のプロセスでは多様性が大きな強みになる。第二次世界大戦時にイギリスなどの連合軍がドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読したプロセスでは、数学者や暗号学者だけではなく、様々な専門分野のエキスパートが集められた。エンジニア、言語が記者、道徳哲学者、古典学者、古代史学者、クロスワードパズルの達人まで。regeneration / rethink / renew / regenerate

6 積極的に社会と関わる未来

自分たちのやっていることを愛している。仕事とそれ以外で大切にしたいことのバランスを取り、両方をブレンドするために、主体的に選択を行う。それに伴い生活水準とライフスタイルの常識を変える。子供達と一緒に過ごす時間と、大好きなバングラディッシュの村を支援する時間を確保するのと引き換えに、広いマイホームとマイカーを諦めたなど。

7 ミニ起業家が活躍する未来

2025年には、世界中で何十億人もの人たちがミニ起業家として働き、他のミニ起業家とパートナー関係を結んで、相互依存しつつ共存共栄するエコシステムを築く。大企業で働くか企業に属さずに自分でビジネスを行いたいのか、会社に雇われないで生きるには専門技能に磨きをかけ、他の人と連携してイノベーションを推し進める能力を身につけることが不可欠。70歳代まで生産的に仕事を続けたいのであれば、自分のエネルギーを様々な活動にどのように割り振るかが重要となる。どこで暮らしたいか、世界の様々な地域で、グローバルな市場と結びついて生きることが可能になる。

8 第一のシフト ゼネラリストから「連続スペシャリスト」

未来の世界では浅い知識は用をなさなくなる。多くの分野について少しづつ知っているのではなく、いくつかの分野について深い知識と高い能力を蓄える。

専門技能の連続的習得

未来の世界でニーズが高まりそうなジャンルと職種を選び、高度な専門知識と技能を学び続ける価値を生み出せるか、稀少性があるか、真似されにくいか①生命科学・健康関連②再生可能エネルギー関連③創造性・イノベーション関連④コーチング・ケア関連仕事が遊びになるのは、普通はやらないことをする場合、普通やっていることをやらない場合、物事を普通より極端にやる場合、社会生活の普通のパターンをひっくり返す場合。

セルフマーケティング

自分の能力を取引相手に納得させる材料を確立する。多くのライバルがひしめき合う市場では、個人も自分の「シグネチャー」を明確に打ち出す必要がある。

①自分の手がけた仕事が誰の目にも自分の仕事とわかるよう、明確な特徴を持たせる。積極的に評判をマネジメントする

②弁護士や医師のような専門職に習い、ギルド(バーチャル・ギルド)を作ること。

③キャリアのもアイクを作り、カリヨンツリー型のキャリアを描く

9 第二のシフト 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ

・ポッセ 同じ志を持つ仲間を持つ少人数の仲間自分の関心テーマを公の場で表明する。他の人たちは関心が重なり合うかどうかがわからない。・ビッッグアイデア・クラウド 多様性に富んだ大人数のネットワーク・自己再生のコミュニティ 頻繁に会い一緒に笑い食事を共にする仲間住む場所を選ぶ・土地の物理的な美しさ。自分らしく生き、自分を自由に表現し、自分の個性を育めること。他の人と知り合い、友達になりやすい徒歩圏、オープンな土地。自然に友達ができやすい土地で生活できる。時間をことごとく奪われるのではなく他の人と会話する時間とゆとり。金と権力を価値観の中心に捉えない。

10 第三のシフト 大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ

1874年、アメリカの平均的な家庭は所得の56%を食費に使っていた1901年には47%まで下がり、食品以外の消費に金を使う余地が広がった消費からシェアへ。職業人生を通じて、自分が興味を抱ける分野で高度な専門知識と技能を習得し続けること。第二に、友人関係や人脈、人間関係を育む。強い信頼と深い友情で繋がる少人数の友人、自分とは違うタイプの大勢の人たちと繋がりを持つ。第三は所得と消費を中核とする働き方を卒業し、創造的に何かを生み出し、質の高い経験を大切にする働き方へ転換する。

 

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

The Inevitable: Understanding the 12 Technological Forces That Will Shape Our Future

原題は「避けられない事」 私たちの未来を形作る12のテクノロジーの力。避けられない未来への流れ。日本語題のインターネットというキーワードは見当たらないが、冒頭に出てくる前インターネット時代、筆者の忠告にかかわらずインターネットに価値を見出せなかったテレビ局の経営陣のエピソードは印象的だった。20年前、フェイスブックもインスタグラムもアマゾンもなかったし、ビッグデータもクラウドもブロックチェーンも聞いたことがなかった、シェアリングエコノミーやオンデマンド経済の到来など考えもしなかった。


Magic Leap スクリーニングの未来

スマホって10年前にはなかった。では10年後は?

自分でもデザイン業務の中では未来を見越した先行開発プロジェクトも継続的に行っているけど、どうしても日々の新製品や新サービスに注目するあまり、近視眼的になっていると実感する。iPhone 8は2年後に非接触充電や有機ELディスプレイの採用で着実に便利な方向にアップデートされていく。しかし10年後、20年後という尺度で考えると、情報はスクリーンデバイスの所有という形ではなく、ウェアラブルMR(Mixed Reality)レンズによって空間全体に必要な時に必要なだけインタフェースが存在、人や社会とのインタラクションにより高度化されたAIが最適な情報をキュレーションしてくれる世界に否応なしになっていく。MicrosoftやAmazonはHololenzやAIサービスで直接的にプロトピアを進んでいる。AppleもTim cookのインタビューから考えても常に未来を見据えてiPhoneやApple Watchといったデバイスを中心としたサービスビジネスを次の形に転換しようとしているはずだ。


Panasonic Lifewall 未来生活ムービーには必ず出てくるスマート壁

テレビメーカーは何でも出来るデバイスを壁に作ったが情報が集約したのはスマホ(身体)だった

Panasonicが2008年にコンセプトデザインとして発表した壁全体をディスプレイにするLifewallは何年たっても結局実現せず(テレビを大きくする発想)、代わりに情報が集約したのはスマートデバイス(情報がより身体化)、そしてこれからはAR(Augmented Reality)、MR(Mixed Reality)だろう。S.F.には必ず出てくる空を飛ぶ車の代わりに一般化したのは「所有」から「Accessing / アクセスすること」へ価値を転換したUber。「Remixing / リミキシング」視点で〇〇+Uberという発想が他業態へも拡がり、そこから新たな発想が生まれていく。他にもビッグデータやクラウド、ブロックチェーン、シェリングエコノミー、次の変革はすでに源流が見えている。未来を見据えて今の生活を一歩便利にすることを考えたときに、本書の12のテクノロジーの切り口は既存の製品・サービス開発の延長戦ではなく、且つユートピア的な的外れコンセプトデザインではない、変革の価値を創り出す手助けになる。著者はKevin Kelly(ケヴィン・ケリー)。WIRED創刊編集長、現在WIRED Senior Maverick。現在は、毎月50万人のユニークビジターを持つウェブサイト Cool Tools を運営している。


以下はメモ:12のテクノロジーの力

1.Becoming / なっていく

2050の年寄りたちはあなたたちにこう語りかけるだろう。2016年当時にもしイノベーターでいられたならどんなにすごかったか想像できるかと。どんな分野のものもちょっとAI機能を付けて、クラウドに置いておくだけでよかった。当時のデバイスのほとんどには、センサーがいまのように何百じゃなくて1つか2つかしかなかった。その期待値や障壁は低かった。Protopia not utopia / ユートピアではなくプロトピアどんなものでもそのままの形を維持するのは付加的なエネルギーや秩序が必要。居心地が悪くない世界はユートピア。解決すべき問題もないが、チャンスもない。車が空を飛ぶユートピアはいまだに実現せず。考えるべきは継続的に発展していくための次の変化、プロトピア。ほんのわずかであっても、昨日よりも今日よりもよい状態である。テクニウム テクノロジーの生態系。2050 ホロデック、ウェアVRコンタクト、アバター、AI

2. Cognifying / 認知化していく

X+AI。AIの最初の成功はデジカメ。CCDセンサ+AIチップによる画像解析。投資、音楽、洗濯、マーケティング、不動産、看護、建設、オモチャ、スポーツスマートセンサとAIが微妙な動きや接触を感知することでスポーツゲームの審判や採点に新たな方法を実現できる。グーグル、僕らが本当に作っているものはAI。AIは自身の拡張、より人間らしい仕事に集中できるようになる。200年前、アメリカの70%の労働者は農場。現在はオートメーションで1%。新しい分野で産業が生まれた。ロボットとの競争はできない。ロボットに仕事を肩代わりしてもらい、本当に大切な仕事を頭に描くべき。

3. Flowing / 流れていく

コピーが無料になるとコピーできないものを売らなければならない。それは信用。ブランディング。・即時性・パーソナライズ 自分に合わせて演奏、上映、DNAにてきごうする薬、粘着性・解釈 全DNA情報はすぐに手に入るようになり、どう使えばいいかの解釈が高価なものになる・信頼性・アクセス可能性 保管する手間をかけず、簡単にアクセスできる・実体化 本は安いが、身体性を伴う講演やライブ・支援者・発見可能性流動の過程1.固定的希少 希少なプロダクトを専門的に作り出す2.無料どこにでもある コモディティか3.流動的共有される 分割か4.オープン、なっていく 再編集。素材活用デジタルメディアではりゅうどうか。仕事やインフラもじき。知識が物質を凌駕する。

Screening

スクリーンがどこにでもある世界

Accessing

世界最大のタクシー会社uberは車を1台も持っていない。Facebook コンテンツは1つも作っていないAirbnb 不動産は1つも持っていない所有することは昔ほど重要しじゃなくなっている。アクセスすることはかつてないほど重要になにも所有せずアクセス出来る世界非物質化1840 アメリカのGDP単位当たりに必要な物質 4kg1930 1kg キロ当たりのGDP 1977 1.64$ 2000 3.58$所有権の購入からアクセス権のサブスクリプションプロシューマー バグの改良、フォーラム、アドオンリアルタイムのオンデマンドTechshop , nerd block, spark box toys,Xのウーバー花 fliristnowクリーニング芝刈り mowdo 技術サポート、往診、合法マリファナeaze 、amazon home serviceより多くのモノが発明され製造されていくと、それを使える1日の時間は変わらないままなので、1つのプロダクトにかける時間はどんどん短くなる。ほとんどのプロダクトやサービスが短期利用になる。レンタルやシェアの対象へ。

Sharing

マイクロペイメント

Filtering
Remixing

伝統的な撮影はシーンごとに計画を立て、撮影され、山ほどのシーンから一本に組み上げられる。デジタルで常に書き直していく作家の文章のようになった。絵画や文章のように少しづつくみ上げられるものになった。ルーカスは最初に新井モックアップを使って撮影し、それを仕上げていく。写真はInstagram, 3DモデルはSketchup視覚リテラシーが最大化するのは発見可能性。グーグルのように全ての映画ライブラリを検索できる既存の素材を再構成、再利用ハリーポッターはそのままだが、熱心なアマツュアが何千ものファンフィクションバージョンが生まれることは不可避。これから30年間の間に生まれる最も重要な文化的作品や強力なメディアは最もリミックスされたもの

Interacting

より多くの感覚。視覚、音、温度、GPS、嗅覚。親密。没入ゲーム インタラクティブな自由意志へ人間の一生のうちに社会に破壊的変化を起こすプラットフォーム、最初はパソコン、モバイル、次はVR,AR未来では顔の前になにもつける必要がない。投射。

Tracking

ライフストリーム。車の動き、ハイウェイの交通、相乗りタクシー、

Questioning
Begeninng

より、広義のテクノロジーの未来を知りたい方にはKevin Kellyのベストセラー