星野リゾート・リートへ投資して星野リゾートにタダで泊まる

星野リゾート・リート投資法人の株を保有して年間10万円弱の安定的な配当金収入を得ています。それを星野リゾートの宿泊代へ返還すると、ある意味では毎年ほぼタダで星野リゾートを利用することが可能になります。

星野リゾート・リート投資法人とは

本投資法人は、中長期にわたり、観光産業の中核となり、安定的な利用が見込まれるホテル、旅館及び付帯施設に対する投資を行います。その中でも特に長期的かつ安定的なキャッシュ・フローの確保が可能であると見込まれる施設に重点的に投資を行います。

http://www.hoshinoresorts-reit.com/about/invest.html

星野リゾート・リート投資法人は星のや、星野リゾートリゾナーレ、界といった星野リゾートブランドのリゾートホテル、また星野ブランド以外でも長期的なキャッシュフリーが可能であると見込まれる施設に対して投資・取得し、運営していく投資会社。

安定した配当制度

2017年度7月度の配当金は11,621円。5口保有しているので58,105円、税金を引かれて受取金額は46,302円だ。これが年に2回で年間92,604円。10年間で93万円弱の配当金が得られる。

星野リゾート・リート投資法人は分配金が安定。というか増え続けている。2014年7月時は6540円だった配当金は、2018年4月は12,224円の予想。

株価の傾向はなだらかな下り調子

次に気になるのは株価との関係。配当が良くても肝心の元手の株の価値が減損していては意味がない。

2013年後半からの株価の値動きはこんな感じ。2015年前半に上場来高値(1,534,000 円/2分割前)を記録してからは右肩下がり。現状の5口の平均取得金額は351,587円(運よくあまり高くないタイミングで買えた)。2017年10月30日現在値は553,000円なので評価損益はプラス1,007,063円。今すぐ売却しても10年分の利益が得られる計算、

に見えるが実はがっつり税金が引かれる。
税金は売却益に対して所得税が15.315%、住民税が5%で計20.315%かかる。
なので簡略化すると80万円の利益にしかならない。

中長期的な配当利益を考える

元手は1,757,935円の投資に対し、年間配当は92,604円。利率に換算すると5.2%。定期預金の利率の多くが0.02%になっている低金利時代には貴重な高金利投資。リーマンショックの影響が残る2014年に買ったことで、値崩れに対する体力もある。

超長期30年スパンで考えると280万円くらいの配当利益。逆にそこに近い売却益を得られる株価になったら、思い切って売却して投資先を変更する手もある。

税金を考えると350万円の利益が必要。ということは1株105万。あまり現実的ではなさそう。そもそもそこまで企業価値が上がれば配当の条件も良くなっているだろうし。

星野リゾートに泊まるには

視点を変えて星野リゾートを利用する側からの考察。
星のや竹富島、軽井沢は一度泊まってみたい憧れの宿。

時期によってピンキリではあるが、1人1泊25,000円は下らない。2名で2泊利用を考えるとなんと10万円!さすが、なかなかのお値段。

配当でタダで泊まるという考え方

配当金の話に戻ると、元手1,757,935円の投資に対し、年間配当は92,604円。175万円を投資しておくことで、毎年ほぼ1回分タダで泊まることができるとも言える。

10年間毎年、星野リゾートに泊まると単純に100万円の支出になるが、初期投資で5口分の星野リゾートの株を購入しておくと、その出費がほぼゼロになる。現在の株価の水準(1口550,000円。2017年10月末時)で考えると初期投資は275万円。もし200-300万程度の余裕資産がある場合、ただ旅行で浪費してしまうだけではなく、継続的に得られる配当金のために投資するのも良いのでは。

星野リゾート・リート投資法人の株を購入するには

楽天証券へ登録。余裕資金を振り込み、星野リゾート・リート投資法人の株を検索して注文するだけ。

仮想通貨のように大きな値動きはないものの、市況による変動があるので安値圏に落ちたのを見計らって指値で注文したい。

 

 

ソーシャルレンディング、ロボット投資、仮想通貨 投資スタート

お金の使い方、利用方法をデザイン

ずっと続けている株取引。リーマン後に手に入れた株は高騰して未だキープ中。配当金や優待があり、中長期的に保有しつつたまに売買をして、収益を上げています。年間、配当で20万円、売買で20万円ほど利益がある状態。

本業以外で収入があるのは良い安心材料になります。他にデザイン料、デザイン・ロイヤリティ料や、本ブログのアフィリエイトなどマイクロな収入が積み重なって生活を豊かにしてくれています。

今回、そうした収入を原資に、さらに投資を多角化してソーシャルレンディング、AI投資、仮想通貨をまとめて始めてみました。まずは総額250万円ほど。順調に推移するようだったら徐々に増やしていきます。毎月の給料を使い込むのではなく、出費は副(複)収入でまかない、浮いた分をさらに投資に回すという収支が常にプラスになっていく生活スタイルへ。

ソーシャルレンディング

ネット上でお金を借りたい人、企業(ボロワー)とネット上でお金を貸したい人、企業(レンダー)を結びつける融資仲介サービス。どの事業者も対個人への貸付は過去に貸し倒れが発生した事例があるらしく現在は取り扱っていない。

貸し倒れのリスクもあるが、担保や保証があったり、各事業者ともより出資金を集めるために未回収「0」件をアピールしている(2017/10現在)。これが「1」になった瞬間に相当の資金が流出するだろうから、よっぽどではない限り貸し倒れを発生させないはず。

とはいえ、1事業者への集中投資は避けて、以下3つのサービスへ分散投資した。

maneo

年利5-8%。国内ソーシャルレンディング市場の50%シェアを謳う。

SBI-Social Lending

年利2-10%。SBIグループで信用度高い。

crowdbank

平均利回り6.78%。

AI投資

AIに投資を任せる。個人では難しい資産の国産分散投資を行ってくれる。日本経済は昨今停滞しているが、世界経済は年間平均4%の持続的成長がある。さらにロボアドバイザーの特色は手数料の低さ。THEOは1%。

Wealthnavi

ロボアドバイザーによる個人資産運用サービス(投資一任契約に基づく資産運用の受託業務)。投資一任契約を締結した顧客の資産を預かり、預かり資産の1%の手数料にて、同社の投資判断で顧客資産を株式や債券など世界11000銘柄の上場投資信託(ETF)で運用している。業務提携を行っているSBI証券の顧客向けに「WealthNavi for SBI証券」も提供している。SBI証券との提携により残高は25億円を突破した。
日本経済新聞で、6月中旬時点の口座申込数は2万6000件に達したと報道された。 wiki

THEO

仮想通貨

暗号通貨とも言われるこの分野。暗号理論を用いて分散統制、取引の安全性を確保している。Bitcoinには手を出していません。それ以外のaltcoinである Ethereumや、XEMを主に対象として投資できないか実験中です。

短期的な値動きは世界通貨や株式市場と比べても激しく、そもそも売買手数料が高いので基本売却はせず、長期的な視点で見守っていきます。仮想通過の取引を行っているのはまだ世界の3%。これが3年後、5年後に規模がどこまで広がって価値がどうなっているか楽しみです。もちろん「仮想」のまま価値が下がり続けるリスクもあるので投資は少なめにしています。

Coincheck 

10万円分、ETHとXEMへ投資しましたが、その後中国の仮想通貨市場の閉鎖等々のイベントが重なりいきなり2万近く値を下げています。。買い増しはせず様子見中です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaif

実績公開

元本(10月) 11月
maneo 1,000,000 2,291
SBI-Social Lending 200,000
crowdbank 500,000 19
Wealthnavi 310,000 4,541
THEO 300,000 7,168
Coincheck 200,000 -5,615
Zaif 100,000 2,585
2,610,000 10,989

Coincheckで10万円だけ仮想通貨デビュー

仮想通貨デビュー

最近巷で盛り上がりつつある仮想通貨(暗号通貨)。Bitcoin(ビットコイン)がメジャーですが、他にもEthereumやNEM等々様々な種類が流通しています。Bitcoinは高騰が連日ニュースになっている状態で価値は50万越え。今後、仮想通貨を使用するユーザー数が爆発的に増え、5倍とか10倍の価値になっていく可能性もあるけど短期間で高騰しすぎている感もあるので今回は別の通貨を狙います。

大手のCoincheckとZaifへ登録

CoincheckとZaifにユーザー登録。早めに本人確認まで完了したCoincheckに10万円を移動して仮想通貨を買ってみました。

仮想通貨って高いんだ。。

値動きとか全くわかっていなかったので、とりあえず実験。指標となるよう狙う通貨を少額購入。高いのがわかった。狙っていたEthereumなんて2100.2円で0.05ETHしか買えなかった。Coincheckは手数料が高額との噂も耳にしているのでそちらはもう少し実験してから確認していきた。

イーサリアム Ethereum

分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するためのプラットフォーム。その中で使われる仮想通貨がEther。時価総額は約4兆円(2017年8月31日時点)でBitcoinに次ぐ規模の仮想通貨。

登場からの価値変遷。今年の1月までほぼ横ばいだったのが急騰して1ETH=41,825.8JPYに。

 

他に買ったのはLSK、XEM。半日後、夜になって世界中のユーザーが動き出したようで通貨が高騰。7131.5円の投資に対し、+210円プラス。

2日後には1,117円のプラス。仮想通貨相場全体がジリジリ上がっているのでしっかり。何かのきっかけで大暴落するかもしれないのでまだ超少額ですが。

2017/09/03 update

いつの間にか暴落して取り戻していました。。下がり気味の時に買い足して、600XEM、0.15ETHへ。びびりながら増やしていきます。

株取引との比較

普段、株取引を日常的に行なっているが、比べると値動きが激しい。何かの指標と連動しているのだろうけど、メジャーな通貨や株式と比べ、動きを読むことはさらに難しそう。

株式は日本時間で15:00で市場が閉まるが、仮想通貨は24時間等々違いが多く面白い。短期的な売り買いは動きが予想できない分、ギャンプル的な要素が強いので、中長期保有して変遷を見守る予定。bitcoin、etheriumは最近の過熱感から見て大暴落するタイミングを待っての買い増しが良さそう。

XEMはZaifの方が手数料が安いと情報もあるのでZaifへの登録も完了したらそちらでも実験して今後の動きを見極めていきたい。

Coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin