ロンドンSelfridgeでLoeweのテレビを見る

クリスマスシーズン到来のロンドンSelfridgeの家電コーナーで、久しぶりにLoeweのテレビを発見。

欧州に出張の度に気になってしまうこのブランドはドイツをベースにする電子機器メーカー。Bang & Olufsenのような高級路線で、はっきりとしたブランドアイデンティティと空間に調和する家具的アプローチのデザインで、昔から好きなブランドだ。自分の部屋はプロジェクターでテレビを映しているから今は必要ないんだけど、もし置くとしたらこんなシンプルな造形のテレビが欲しい。どれも下手な造形をしていない無機質でシンプルな脚でよい。SelfridgeのテレビコーナーにはSONYやPanasonic、他社のテレビも置いてあったがいつもの如く、2016年でいまだに変なくせのある造形、変に目立とうとするCMFで潔さゼロ、全然良くない。残念ながらLoeweは欧州でのビジネスが中心らしく、日本ではお目にかかれない(確かにただでさえプレミアムブランドで、輸出マージンでさらに高価格帯になってしまう上、日本には安価なテレビを提供するライバルが多すぎだ)。ベゼルの中央下にブランド表現となる円形の電源ボタンオーナメントがあり、何年も統一したブランドアイデンティティ表現になっている。

何年か前にどこかのアジアメーカーがこのデザインをコピーしていてまたか、と思っていたけど、そのメーカーはまた別の表現をパクリ、Loeweは一貫してこの表現をブランドアイデンティティとして残している。欧州的価値を感じる。SamsungやLGといった数と価格にものを言わせるビッグプレイヤーが台頭してもしっかりと売り場を確保できているということは、欧州で一定のブランド力とポジションがあるのだろう。次の出張でもまた、有象無象あふれる家電量販店でデザインの勉強をさせてほしい。

To tell you the truth: my television often stays switched off – it´s an object of beauty which I enjoy even without an image on the screen.本当のことを教えると、テレビの電源はつけない状態のほうが多い。スクリーンにイメージが移っていないその状態でもモノとしての美しさを感じられるんだ。Edmund Englich, Loewe Designer

 

360° design…… for perfect aesthetics from every angle.If you believe the aesthetics of a television are important, then it is logical that the design of the back must also be considered. There are no shortage of good reasons to support this; it opens up a multitude of options for positioning the new Loewe Art in your room – and also ensures that the cable routing and management do not detract from the overall aesthetic effect.If you believe the aesthetics of a television are important, then it is logical that the design of the back must also be considered. There are no shortage of good reasons to support this; it opens up a multitude of options for positioning the new Loewe Art in your room – and also ensures that the cable routing and management do not detract from the overall aesthetic effect.360度デザイン。どのアングルから見ても完璧な姿テレビの美しさが重要だと考えるなら、背中のデザインも考慮しなければならないことは論理的です。これをサポートする正当な理由の不足はありません。あなたの部屋に新しいロエベアートを配置するためのオプションが多数用意されています。また、ケーブルのルーティングと管理が全体的な美的効果を損なうこともありません。

UK出張 Apple Covent Garden で 「Designed by Apple in California」を見る

ロンドンのAppleでDesigned by Apple in Californiaを発見

ロンドン週末。サービスアパートメントからランニングでCovent GardenにあるApple Covent Gardenへ。すごく広い店内に製品がゆったりと展示されています。1階の中央部分に話題になっている例の本がありました。大小が見開きで見れるように置いてありました。同社のデザインが450点の写真で振り返れる本。2サイズ展開ですが実物は小サイズでもかなり大きく思い重厚感ある仕上がりでした。製品写真のほかに、部品分解図、その製造過程で使用した冶具、加工器具がまとめられていますが、それぞれに説明文等は無く、ビジュアルのみのかなりシンプルな写真集になっています。製品自体は目新しさはないけど、噂レベルで聞いていたアップルしか出来ないような高精度の加工、力技の加工の実際の冶具、加工法は一見の価値あり。以下リンク先のアップルオンラインストアで購入可能です。

Designed by Apple in California – 26 x 32.4cm

Jony Ive以前のアップルデザインは以下からどうぞ

Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー- アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡

           
使い込まれた初代iPhone。金属筐体ならではの経年劣化しても錆びないCMF
iMacのディスプレイ部分の余ったアルミニウム材料をキーボードに再活用していることは噂で聞いていたけどその工程もしっかりと写真に。製造工程も美しい
アルミユニボディのMac mini。中まで切削する専用加工刃
Mac Proのインパクト成型の工程。厚みのある金属板材がだんだん筒形状へ
昔使っていたPowerbook G4 12インチ。今見るとキーボードを際まで配置する思想は現行Macbookに共通する
最後のページは空白で占められていた。取り組んでいる次の革新的な製品のために?

img_5716

世界最大級のアップルストア、内装は歴史ある建築にガラスや金属を組み合わせるアップルストア伝統の建築方式。
世界最大級のアップルストア、内装は歴史ある建築にガラスや金属を組み合わせるアップルストア伝統の建築方式。

img_5732

これからもアップルデザインの奇跡は起こるのか

なんかこの本ってJony Iveが一線から退いてデザイン全体を統括する立場になって、これまでの自分の栄光をまとめた感じなのかな。ということはiMacからの始まってiPodでの透明+鏡面ステンレス筐体処理、iPhoneでのガラス+アルミアルマイト処理、それをMacに展開等々、Jony Iveが作り上げてきたデザインの時代が終わるということか。Steve Jobsの牽引するコンピューティングへのイノベーションを上手くデザインで引き立たせてきたJony Iveってすごく職人系のデザイナーだと感じる。特に最近のAppleのデザインビデオって形とCMF、製造方法に終始するし、Appleのデザインは常にイノベーティブなコンセプトが先にあり、デザインチームはそのコンセプトをスケールメリットを活かして先進の製造手法を用い、魅力的なデザインに磨き上げてきていた。たとえばiMac。あれってカラフルなスケルトンボディのデザインが注目されるけど、フロッピーを廃したインターネット時代の新しいスーパーパーソナルなデスクトップPCというイノベーティブなコンセプトが無ければ実現しなかったはずだ。そうしたイノベーションがiPod、iPhone、iPadとIveがデザインチームを率いている間に奇跡的に数回起こった。

Apple WatchはSteve後、迷走するコンセプトをデザインが上回ってしまった初の事例だと思う。使ってみたい魅力的なデザインのデバイスだけど意外と使い道がない。コンセプトがしっかりしていないからデザインチームが頑張って魅力的に見せる、日本企業が良くやっているやりかた(今年も何もネタはないけどデザインさん何とか!的な依頼は毎度のことだ)。新しいMacbook ProのTouch Barも、4年も経った後のフルモデルチェンジだったが、それは次のイノベーティブなコンセプトではなく地道な使いやすさの改善だった。それはAppleがもうラップトップやデスクトップにイノベーションを期待していない証拠かもしれない。iPhoneで行っているような継続的な進化で良いと思っているのだろう。結局革新的なデザインはイノベーティブなコンセプトありきだと思う。テレビや冷蔵庫、炊飯器はコンセプトは何十年も前から変わらないものをデザインの力だけで少し変わったように見せる、丸だったものを四角に、また丸に変えるだけ。それでは人の生活を変えたり、歴史に残る製品デザインは絶対に出てこない。

Appleの次のイノベーティブなコンセプトは何だろうか。ARグラスが噂に上がっているけどMicrosoftのHololenzとは一線を画すものにできるのだろうか。iPhoneはいつ非連続的なイノベーションが起こるのか、起こらずに別の製品ラインとして披露されるのか。Ive後のデザインが注力するポイントはCMFではなくてシェアリング、サブスクリプションのような新しい機器のあり方かもしれないし、フレキシブル、スケーラブルな筐体みたいなこれまでの固い物質を削ったり磨いたりするという物理的な概念を壊してくれる新しいデザインも出てくるのではないだろうか。少なくともデザインだけで牽引するような製品は出てこないことを祈る、おしゃれなグラスフレームの組み合わせを金属からジルコニアまで選べますというような。

Jony Ive以前のアップルデザインは以下からどうぞ

Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー- アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡

ロンドン出張。サービスアパートメントSACOへ宿泊レビュー

ロンドン到着。今回予約した宿はBooking.comで見つけたSACO – The Cannonというサービスアパートメント。

   

レビューが異常に良くてSuperbの9.1/10。ロンドンブリッジから1マイル弱の立地で、Heathrow空港からはPiccadillyラインとCircle/Districtラインを乗り継いでMansion House駅からすぐ。今回は荷物が多くなかったので大丈夫だったけど、チューブ乗り換え時に階段が多いので荷物が多いときは他のルートがおすすめ。空港から1時間くらいで到着。宿泊代は3泊で£483+£96.60(20%VAT)=£579.60。1泊£193.20で、 予約時の為替レートだと¥26,000なので東京のホテルと比べれば高いんだけど、ロンドンの相場を考えればまあまあなのでは。実際に部屋に泊まってみて、これまでロンドンで使用してきたホテルと比べるとかなり自分向きで、Booking.comの評価も頷ける超過ごしやすい宿で大満足でした。

サービスアパートメントという位置づけだから看板も無く控えめなエントランス

案内された部屋は最上階5階。広さは40㎡にダブルベッド、小型のダイニングテーブルセットが置かれていて、一人で使うにはかなり広々としている(特にロンドン市内なのに!)。アパートメントなのでキッチン付。コンロ、オーブン、電子レンジ、ポッド。お皿や調理器具はもちろんあると思っていたけど、驚いたのが小型の洗濯機まであったこと。ちょうど洗面所で洗濯をしなければと思っていたのでこれは貴重だった。ニューヨークでもサービスアパートメントを使ったことはあったけど、その時は洗濯機は共用だったし、日本のホテルでもなかなか部屋の中に設置されている例は少ない。食器もホテルの部屋には置いていないので便利だった、二日酔い対策で持ってきていたしじみ味噌汁もカップが無いと飲めなかったと気づいた。

アパートメントということで調理器具や食器一式が準備されている洗濯機と洗剤まである充実ぶりバスルームもシンプルできれい。


セキュリティボックス。アイロン


ロビーにある共用スペース。こういったソファセットが3式あり、ゆったりした作り。

滞在中Victoria駅にCircle/Dstrictラインで朝のラッシュ時間に移動したけど混雑も逆側路線よりはましで、Bank駅を使えばShoreditchやOxford Circus方面にもすぐ。Wifiもフロアごとではなく、各部屋ごとにアクセスポイントがある充実さ(実測で48.79Mbpsだった。ホテルチェーンのWifiは部屋によっては速度が遅くて悩まされることも多いけど、ここはストリーミングも問題なくできる速さ)。調べてみるとSACOはサービスアパートメントのチェーンでロンドンだけでなく、80,000個の提携した部屋を世界中260都市に持っている。もちろん、ホテルチェーンではなく、部屋のクオリティはまちまちなので自分で判断する必要があるが、Booking.comから普通のホテルと同じように予約でき、AirBnbよりも敷居が低く感じた。

Booking.com SACO – The Cannon

出張中飲みに行くことが多かったので、、、二日酔い対策に持ってきてよかった。

永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 3食入×10個

外食が多くなるので週末はカップヌードルで。キッチン付きなので荷物が減らせるリフィルタイプでOK

日清 カップヌードル リフィル 72g×8個

今回はロンドンのスーパーで現地調達もしたんだけど、、、おいしくなかった。次はこれも買ってこう

クノールカップスープ 野菜ポタージュ バラエティボックス 20袋入

ANAマイル 300,000マイルを何に使うか

マイルを使う

海外出張やアメリカ国内移動で貯めてきたマイル。アップグレード等で使っても溜まっていくペースが早く、ついに30万マイル超え。何に使えるのか、使うとお得なのかを調べてみた。

サービス内容
換金率
円/マイル
旅行系 航空券アップグレード
12.90
旅行系 特典航空券(国内線)
2.00
日常生活 提携ポイントへの交換
1.00
旅行系 ANA グローバルホテル&レンタカー
0.80
 モノ系 ANAショッピング A-Style
 0.77
 モノ系 ANAセレクション
0.63
 モノ系 ANAグローバルセレクション
 0.57

換金率で比較

【旅行系】航空券アップグレード 12.9円/マイル

こちらは別記事で詳細レビューしているが、国際線ニューヨークやロンドンへの長距離フライトでエコノミーからビジネスへマイルを使いアップグレードすることができる。エコノミーとビジネスのシート価格から換算すると12.9円/マイルと物系に使うよりも10倍以上のレートとなる。

【旅行系】特典航空券(国内線)  2.0円/マイル

東京石垣間の特典航空券。レギュラーシーズン往復20,000マイルに対してレギュある日程の運賃は40,380円。換金率は2.0円/マイル。

【日常生活】提携ポイントへの交換   1.0円/マイル

スタバ、iTunes、iD等のポイントカードへ交換できるサービス。スイカのみ換金率が若干落ちて0.95円/マイル。30,000マイル以降は換金率がほぼ半分に落ちてしまう。年度内の交換は20,000マイルまでに抑えた方が得。 いままで知らなかった。スタバやiDは日常生活ですぐに使えそうなので早速申し込みたい。

【旅行系】ANA グローバルホテル&レンタカー 0.8円/マイル

このサービス。世界中のホテルをマイルで予約、支払うことができる。モノ系よりは換金率の条件はあまり変わらないが、0.8マイル/円。
ニューヨークにあるArlo SOHOを同時期で比較すると、マイルが38,500に対し、予約サイトでの金額は28,326円だった。旅程がハイシーズンの場合に予約できるのか、換金率が変わるのかまでの詳細な検証はできていない。

【モノ系】ANAショッピング A-Style  0.77円/マイル

こちらは1マイルを1円に換金し、サイト内でショッピングができるサービス。ANAの機内誌に乗っているアイテムを購入できる。STARWARSコラボグッズなどオリジナルアイテムも入手できる。
1マイルを1円と謳っているが、値引き等が無いのでルンバ980で調べてみるとA-Styleでは135,000円のところをAmazonでは103,980円で購入可能。実質換算価値は0.77円/マイル。製品の発売時期により値下がりは考慮していないためあくまで概算。

【モノ系】ANAセレクション 0.63円/マイル

10,000、15,000、20,000マイルと商品が交換できるサービス。ファーストクラスで使用されているワイン等オリジナルグッズを入手するのには役に立ちそう。ただ換金率は0.63と低い設定なので、オリジナルでは無い汎用品の購入には向かない。
比較例として50,000マイルで交換できるルンバの622を使う。発売時期や値引額は考慮していないのであくまで概算のレートになるが、同機種Amazonでは31,708円。円に換算した価値は0.63円/マイル。

【モノ系】ANAグローバルセレクション 0.57円/マイル

こちらは世界のオススメの商品を紹介するサイトのようで、あまり見たことのない海外商品が多い。iPhone、iPadやルアー、ドローンまで売っていて換金価値を気にしなければ購入したいモノは一番多そうなセレクション。
Amazonでは26,997円なので0.54円/マイルとかなり換金率は悪い。海外の製品を輸入して手配しているイメージなので、日本で入手できないものを選んだ方がこのサービスを使う意味が出てくる。
iPadも売っているがApple Storeでの定価が48,800円なので0.61円/マイル。 まあマイルとiPad/iPhoneが交換できるのはお得な気もするけど、他の利用用途と冷静に比較すると損です。

マイルの使い方まとめ

300,000マイルも使い方によっては3,000,000円分の価値になったり、150,000円分の価値に下がってしまうこともある。換金率の高い航空券関連の使い道はタイミングが限られてくるため、出張や旅行のために大事に残しておいても有効期限が先に来てしまうこともありうる。 ポイントカードやモノ系交換サービスもうまく組み合わせマイルの残高をコントロールしながら使うことで日常生活をマイルで便利にできそう。

ANA=旅行に関連するサービスは換金率が高い。

航空会社が提供するサービスなだけあり、飛行機に関連する航空券アップグレード、特典航空券は現金で購入するのと比べると2-10倍の価値に換算される。基本的にはマイルは航空関連の用途に使うことで最大限の価値を発揮する。 宿泊系のサービスもANAに関連がありそうだが、提携会社経由の予約となり換金率はそこまで高くない。

日常生活系サービスは換金率は普通、スタバやiD等でのクーポンは利便性は高いので余っているマイルを交換するのはオススメ

1マイルを1円の価値に交換できるポイントカード交換サービスは航空関連の用途が多くない時に使いたい次の選択肢。スターバックスやSuica、iDへ交換可能。年度内20,000マイル以内であれば換金率が維持されるので、余っているマイルを使うのにオススメ。

モノ系への交換サービスは換金率が悪い。オリジナルグッズ狙いで無ければ避ける方が無難

マイルはANAの提供する複数サービスで家電やファッション関連のグッズに交換も可能だが、換金価値が0.5-0.7と低い。そのショップでしか手に入らないオリジナルグッズ狙いであればリーズナブルな価値かもしれないが、汎用品は避けた方が得。