デロンギ マグニフィカS 3ヶ月使ってみて

デロンギ マグニフィカS 3ヶ月使ってみて

全自動エスプレッソマシン購入後3ヶ月

先日購入したデロンギ コンパクト全自動エスプレッソマシン マグニフィカS ECAM23120B (DeLonghi Magnifica S)も購入後3ヶ月たった。マシンの調子は好調、平日は毎日朝に一回、レギュラーコーヒーを作り、休日はカプチーノ等を数回作っている。購入レビューはこちら

豆を旅行先で買うことが楽しみに

始めはスターバックスやドトールで豆を買っていたけど、旅先でコーヒー屋を探し、コーヒー豆を買ってくるのが楽しみになった。小旅行で行った松本や海外出張先のニューヨーク。海外のWhole Foodsでは良質なショップのコーヒー豆が手に入る。

La Colombe CORSICA ブレンド

ニューヨークではLa Colombeの豆を買ってくるのが習慣に。Ethicalトレードのオーガニック豆が特徴。色々な種類があるがCORSICAは最も有名なブレンド。ダークでフルボディ、コクのある味。ブラジル、ホンジュラス、メキシコ、コロンビアの豆でブレンドされている。日本ではDEAN & DELUCAで取り扱いが開始されたらしい。https://www.lacolombe.com

コーヒーばかの店

illy エスプレッソ豆 ダークロースト

TOKYO COFFEE オーガニックブレンド

コストパフォーマンスを再考

コーヒー豆

豆の量、カフェ・ジャポーネの目安は約12g〜20g。350mlのボトルに入れるので1回の抽出量180mlを2回使っている。なので一日約24g〜40g使う計算。

La Colombe CORSICA ブレンド200g / 1728円8.6円/g
ブルーボトル ベラ・ドノヴァン200g / 1620円8.1円/g
スターバックス ハウスブレンド250g / 1050円4.2円/g
ドトール マウルドブレンド200g / 870円4.35円/g

1ヶ月30日間で使うコーヒー豆は960g。スターバックスのハウスブレンドで4,032円だ。高級な豆の部類にあるブルーボトルで7,776円。

始めは水道水で使っていたけど、ミネラルウォーターに変えた途端、雑味や臭みがなくなり本来のコーヒーの味を楽しめるようになったのでそれ以来ミネラルウィーターを使っている。注文のペースが増えてきたのでアマゾンで以下の2L×12本のパックをまとめ買いしている。1ヶ月の30日間で使う水の量は360ml × 30で10.8L。1166.4円。

全自動エスプレッソマシン出費合計

コーヒー豆と水合わせると、1ヶ月に毎日350ml分を作るコーヒー出費は以下の金額。

 一杯1ヶ月
La Colombe CORSICA ブレンド314円9,422円
ブルーボトル ベラ・ドノヴァン298円8,942円
スターバックス ハウスブレンド173円5,198円
ドトール マウルドブレンド178円5,342円

店舗で約同量のコーヒーを買った場合

 一杯1ヶ月
スターバックス ドリップ・トールサイズ(350ml)340円10,200円
タリーズ 本日のコーヒー・トールサイズ(350ml)370円11,100円
ドトール ブレンド Mサイズ(180ml)×2540円16,200円
セブンコーヒー Lサイズ(150ml)×2300円9,000円

量に置き換えてみるとスタバよりドトールの方が高いんだ、という意外な気づき。
エスプレッソマシンと店舗を比較してみると、店舗で買い続けると9,000円オーバーの出費に対し、コーヒーメーカーはLa Colombeやブルーボトルといった高級な豆を使った場合でも同様の金額で、スタバやドトールの豆になると、5,000円代まで出費が少なくなる。セブンイレブンのコーヒーよりも全然お得。これはドリップコーヒーでの比較なので、単価が高くなるラテ系の飲み物であればさらに差が大きくなる。

高品質のコーヒー豆を低価格で楽しむことができる

初期投資である本体代は記事執筆時、アマゾンで73,826円。例えばスタバの豆と店舗で比較すると、コーヒーメーカーは店舗より1ヶ月に5,002円お得。15ヶ月で元が取れる計算になる。ブルーボトルコーヒーも全自動式コーヒーメーカーを使えば、セブンイレブンのコーヒーとほぼ同じコストパフォーマンスで楽しめ、同じ金額でもより高品質の豆を試すことができる。

2018/01追記

Amazonで¥67,660まで値段が下がってきています。最新の値段は以下より。

会社や外出用に。朝、コーヒーチェーンでホットコーヒーを買って、紙カップでテイクアウトすると昼前にはぬるくなっているけど、これがあれば朝、家で準備しても昼過ぎまでホットコーヒーを楽しめます。
ステンレス製のジャグは温度が伝わりやすく、ミルクを温めるのに便利です。普段はこちらにコーヒーを抽出して水筒に移し替えています

購入1年後レビューはこちら

FOOD | 食カテゴリの最新記事