デロンギ マグニフィカ S 全自動エスプレッソマシン 購入レビュー

デロンギ マグニフィカ S 全自動エスプレッソマシン 購入レビュー

デロンギ製 全自動エスプレッソマシン

毎朝、何気なくコーヒーショップに立ち寄りレギュラーコーヒーを買うのが習慣だったある日。存在を知ってしまった。。。デロンギのマグニフィカS 全自動エスプレッソマシン [ECAM23120BN]。自分でもコーヒーメーカーは持ってたことはあるけど(deviceSTYLE Brunopasso)、、最近は手放してもっぱらハンドドリップ。しかも面倒くさがりなので休日しか豆を挽いて粉を準備してコーヒーを淹れることはしてなかった。

全自動で豆から一杯分を挽いて抽出してくれる

デロンギの全自動コーヒーメーカーはこの写真のように本体後方部に豆をセットして、ボタンを押すだけで一杯分の豆を挽いて抽出してくれる。豆の香りは挽いた時点で80%が無くなると聞いたこともあり、豆からその時に挽いて淹れたコーヒーは確かに上手い。濃さや挽き加減も調整レベルがあり、これまでハンドドリップではなんとなくの量で飲んできたコーヒーをもっと深く楽しめそう。メンテも今のところ全く問題なし。コーヒーカスを捨てるのとたまに水補充タンクを洗浄するくらい。

レギュラーコーヒーが作れる貴重なエスプレッソメーカー

すごいのはカフェ・ジャポーネという機能で、エスプレッソメーカーでありながらレギュラーコーヒーを入れられること。この機能だが意外と他機種には搭載されていない。 そして購入してからほぼこの機能しか使っていない(エスプレッソって日常的に飲まないので。。)。しかも圧力をかけて淹れているのか通常のドリップよりも美味しく感じる。最近はタンブラーにこのコーヒーを入れて外出していてコーヒーショップに行くことは全くなくなってしまった。

しばらくレギュラーコーヒー機能を使い、最近は休日にカプチーノ機能も使っている。ミルクを温めたり、泡だてたりすることができるスチーマーが付いていて簡単にカプチーノも楽しめる。

豆を近所や旅行先で選べる楽しみ

コーヒーメーカーで悩んだとき、選択肢で上がるのはカートリッジ式だけど個人的には全く魅力的ではなかった。このデロンギは豆から挽くことで色々な産地のコーヒー豆を楽しめるからだ。旅行先でも名のあるローカルなコーヒーショップを探して豆を買ってくるのが好きだ。このコーヒーメーカーを買って毎日その豆を楽しめるようになることは本当に素晴らしい。

コーヒーを楽しみながら家計の節約にも

こちらはデロンギのホームページにある試算表。リンク。毎朝のコーヒーチェーン、スターバックスだとトールコーヒーで340円。たまにコンビニコーヒーも飲むので300円✕1日3回で試算してみたが驚きの結果に。というか何気なくコーヒーショップに立ち寄っていたけどこんな出費になっていることに驚く。全自動型だと初期投資は7万~15万にはなるが、4ヶ月でコーヒーチェーンより、17ヶ月でカプセル式コーヒーメーカーより得になる計算。

全自動か手動で迷うなら全自動が断然おすすめ。毎朝使うことを考えたらボタン一つで準備できたほうが良い。毎朝自分で豆を挽いてフィルターをセットして、、考えるだけで面倒くさがりな自分だと全く使わなくなりそう。事実、この全自動メーカーを導入して1ヶ月になるけど平日も週末も毎朝使って、節約しながら美味しいコーヒーを楽しめている。

 

 

会社や外出用に。朝、コーヒーチェーンでホットコーヒーを買って、紙カップでテイクアウトすると昼前にはぬるくなっているけど、これがあれば朝、家で準備しても昼過ぎまでホットコーヒーを楽しめます。

 

ステンレス製のジャグは温度が伝わりやすく、ミルクを温めるのに便利です。普段はこちらにコーヒーを抽出して水筒に移し替えています

購入後3ヶ月後、1年後レビューはこちら

デロンギ マグニフィカS 3ヶ月使ってみて

デロンギ マグニフィカS 購入1年後レビュー メンテと洗浄

デロンギ マグニフィカSで使えるコーヒー豆まとめ

PRODUCT | プロダクトカテゴリの最新記事