Eurobike2017 Tacx Neoスマートバイクが発表

https://www.dcrainmaker.com/2017/09/first-look-tacx-introduces-tacx-neo-smart-bike.html/

Eurobike 2017でプロトタイプ出展

EurobikeにてTacxの最新モデル、Tacx Neo Smart Bikeが出展されていたようです。自転車を必要としない一体型タイプ。プロトタイプなのか、ハンドルやサドル周りはまだ無骨なパーツ構成。

Virtual Shifting

Road & trip bike はTacx Neoでもある路面再現機能。
気になるのはVirtual Shiftingという機能。ギアシフターがアプリと連携し、バーチャルでのシフティングができるようになるみたい。Zwift側の連携が必須となりそうですが、楽しみな機能。

Right now Tacx is estimating a price of ~2,500-3,000 Euros (or roughly $3,000-$3,500USD).

気になる値段は2500-3000ユーロなので、Tacx Neoの倍くらいか。

KickrのWahooは斜度を再現できる「Climb」を展示

Wahoo fitnessはKickrのアクセサリとして「Kickr Climb indoor grade simulator」を発表。価格は$599.99。斜度を20度から-10度までリアルタイムに再現できる。インタラクティブスマートトレーナーでのサイクリング体験をよりリッチにするアイテム。

このアクセサリ、対応機種は2017Kickrのみでちょっと残念。スマートトレーナー業界の盛り上がりのために時期が来たら他メーカー製品へも公開して欲しい。

インタラクティブ・スマートトレーナーの近未来

バーチャルがリアルへより近づいていく。とはいえロードバイクはいつもは絶対に近寄れない戦場を体感するFPSゲームではなく、実際に外に出た方が楽しい。インタラクティブ・スマートトレーナーにはリアルを超える(ベクトルの違う)体験が必要だ。例えば負荷連動や路面フィードバックは楽しいけどリアルには絶対叶わない。

やはりメインはZwiftへの期待。オンラインで世界中の人と走れる体験はリアルを飛び越えている。さらに世界中いろいろな場所へコースを増やして欲しい。ニューヨークの渋滞の中の市街地や、ツールドフランスコースの再現など。

ダイレクトドライブ・サイクルトレーナーTacx NEO T2800の購入まで