ベンチマークしたらやっぱりAirpodsが最強だった

Airpodsからメジャーなジャンルとなった完全ワイヤレスイヤホン。SONYやBOSE、B&Oが追従し市場が充実してきた。先日、いまさらAirpodsを購入し大満足しているが気になってベンチマークも調べてみた。

ベンチマーク候補

主にIFA2017で発表された主要オーディオメーカーの製品群。

SONY WF-1000X

BOSE SoundSport Free wireless headphones

B&O Beoplay E8

Samsuing Gear IconX 2018

スペック比較

Apple

Airpods

SONY

WF-1000X

BOSE

SoundSport Free

B&O

Beoplay E8

Samsuing

Gear IconX 2018

使用時間 5時間 3時間 5時間 4時間 7時間
充電ケース 24時間 9時間 15時間 12時間 14時間
重量(本体片側) 4g 6.8g 9g 7g 8g
重量(ケース) 38g 70g 80g 45g 54.5g
サイズ(ケース) 44.3 × 53.5 × 21.3 mm 100 x 48 x 38 mm 73 x 47 x 33 mm 73.4 x 44.5 x 31.4 mm

珍しく後発メーカーの製品がほぼすべていけていない。使用時間も重量、充電ケースサイズもAirpodsが抜きん出ている。SONYはノイズキャンセリング技術を付けてしまい、サイズが大きい割に使用時間も少なく、ケース重量も増して手軽には使えなそう。BOSEも然り。Samsung GearX 2018版は使えそうだが、Airpodsにすべての項目で負けている。

Apple製品でのワイヤレス接続を最適化するW1チップの影響だろうか。Airpods対抗で企画、発表されたBluetooth汎用イヤホンに魅力的なものはなく、現状Airpods一択だ。

 

 

Airpods購入レビューはこちら

いまさらAirpodsを購入、結局最強のワイヤレスイヤホンだった