ダイアルコントロール付新世代キーボード logicool CRAFT KX1000s 発表

logicool攻めてます。マウスの最上位機種MX(以前に投降したMX Master2のレビュー)に続き、キーボードの最上位機種logicool CRAFT KX1000sリリース。

米LogitechがAdobe社のデザイナー、プロダクトマネージャー、エンジニアと共同開発!クリエイティブに特化した最上位キーボード。

新インタフェース「CROWN」

特徴となっているのは左上にあるデジタルダイアルインタフェース。
Adobe CC等のクリエイティブソフトと連携してパラメーター調整系の操作が直感的に可能。物理ロータリーのほかタッチセンサ内蔵で、下記のビデオではタップで機能選択のような操作も行っています。

MicrosoftのSurface Dialは機種依存アクセサリでしたが、Mac/Win対応で同様のインタフェースを作ってくれるとは。

物理ダイアルといえば、昔Powerbookと一緒にPowerMateを使っていた(10年以上前だと思うけどまだ売っているとは)。実際はソフト側の対応がいまいちで手放してしまったのだけど、よりスタイリッシュな姿で戻ってきたようで嬉しい。

 

 

マルチデバイス対応、アルミを用いた高品位なフィニッシュ

Bluetooth、またはUnifyingコネクタで三台のデバイスをワンタッチで切り替えられる機能は継承。CROWNと、ボディ(上部のバーだけか)はアルミフィニッシュ。

 2017/9/15発売。¥25,560

早速予約注文しました。到着したらレビューしたいと思います。楽しみ。

 

logicool MX Master 2 でPC/Mac使い分け

届きました。いい感じ。

logicool CRAFT KX1000s 届きました

1件のコメント

コメントは停止中です。